祈りを象る

About

手取 実咲 (てとり みさき)  クラフトワーク

広島県三次市出身 広島県在住 造形作家 臨床美術士

 

失われて二度と帰らぬものへの想い。

肉体や精神を取り払い、命そのものに望みを聞けたとしたら、

一体何と答えるのだろうか。

祈り。祈りを象る事の意味。

祈りを象る事の意味を制作を通して探っている。

作家写真
 

Instagram Feed

臨床美術

臨床美術(クリニカルアート)は、独自のアートプログラムに沿って創作活動を行うことにより脳が活性化し認知症の症状が改善されることを目的として開発されました。

先進国でも例をみない医療・美術・福祉の壁を超えたアプローチが特徴です。

臨床美術士が一人ひとりの参加者にそった働きかけをすることで、その人の意欲と潜在能力を引き出していきます。

現在では多方面で取り入れられ、子どもから社会人、高齢者まで健康で感性豊かな社会の創出を目的としています。

 

Links

​アートプログラムの作品例

article_01
article_02
article_05
article_03
article_09
article_04
article_10

​臨床美術で使うオイルパステルやアクリルの作品例(アートプログラムではありません。)

article_07
article_08
article_06

​臨床美術では、プロのアーティストが使用する本格的な素材を使用するので、色鮮やかで粒子が細かく

よく混ざり、濁りません。興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

脳が喜ぶ!心が笑う!臨床美術    ※「臨床美術」及び「臨床美術士」は、日本における(株)芸術造形研究所の登録商標です。

Gallery

 

作品の画像をクリックすると、大きな画像で作品をご覧いただけます。

「命の祈り」 1999年制作

「月華〜燭台〜」 2000年制作

「発光体」1997年制作

「冬華」 2000年制作

「經」2000年制作

「冬華」 2000年制作

「life light box」 2001年制作

「ne-音-」 2004年制作

「月輪花文唐草透瓔珞」2006年制作

「stop me!」 2001年制作

Events

 

県北アートシーン 28th

場所:三良坂平和美術館

期間: 2018/06/02〜07/08

月曜休館  
入館料一般400円、65歳以上300円、高校生200円

絵画(油彩・水彩・日本画・デザイン)・立体・写真・陶芸
県北を舞台に日々創作活動にはげみ、また大きく羽ばたいて各地で活躍する

作家たちの秀作が集います。

三良坂平和美術館のWEB PAGE

c'est mignon

場所:mugimugi cafe & ハレノヒ写真館 (三次町)

期間:2017/12/1〜12/3 11:00-17:00

1/1

Please reload

map1

​leaflets

mugimugi cafe

map2

​ハレノヒ写真館

c'est mignon

​leaflets

map

県北アートシーン28th

Reports

 

・しんわホーム ワークショップ

日時:2017.06.25

 しんわホームで開催したワークショップの様子を紹介しています。(アナログフロッタージュ

・しんわホーム ワークショップ 

日時:2017.04.29

 しんわホームで開催したワークショップの様子を紹介しています。(ワークショップ(^^)ペーパークラフト

 

・県北アートシーン27th

日時:2017.04.07

 三良坂で開催した県北アートシーンの様子を紹介しています。(県北アートシーン

・はらみちを美術館でのグループ展

日時:2017.03.02

 君田で開催した「森の散歩道 inはらみちを美術館」の様子を紹介しています。(はらみちを美術館

・ハロウィン ワークショップ

日時:2016.09.23

 当日の様子をブログで紹介しています。(昨日のワークショップ